2012年01月07日

正月太りのダイエット食として

1月7日に野草を入れて食べる「七草粥」は、無病息災や豊作を祈願する慣わしだが、さまざまなトラブルに効果がある。

正月太りのダイエット食としても

セリ、ナズナ、スズナ、スズシロ、ホトケノザ、ゴギョウ、ハコベラ。1月7日、7つの野草を摘んでおかゆに入れる「七草粥」。いかにも風流な慣わしだが、なんと鎌倉時代から今に伝えられているというほど由緒正しいもの。

魔よけ、豊作祈願、無病息災祈願...。さまざまな願いがこめられた七草粥は、同時に「医食同源」の知恵を生かした究極の健康食でもある。

医食同源とは、中国で生まれた思想で「食こそ健康の源である」という考え方だ。

中国から伝わった「人の日」の儀式
もともと1月7日は、3月3日の「桃の節句」などと並ぶ「五節句」のひとつ、「人の日」の節句だ。古来、中国では吉凶を占い、1年間の無病息災を祈る日だったという。そのための特別な椀――野草を入れた吸い物をこしらえる風習があった。これが日本に伝わったのが、平安時代初期。ただし、当時は野草ではなく、米、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキの「七穀」を入れるのが通常のパターンだった。
出典msnビューティ20120107

今日気付いたら
しきたり通りに食べられないじゃないか(^-^;)


特選養麗健茶(とくせんようれいけんちゃ)500円ポッキリ!初回送料無料&プレゼントつき♪デトックス&ダイエット&便秘解消にお茶を替えるだけで簡単!デトックスで疲労回復

【関連する記事】
posted by なまず at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
タグクラウド
最後までお読み頂きありがとうございました。ご訪問頂きましたあなた様が健やかに過ごせますように、ご健康にm(_ _)m